fbpx

chulatutor ก่อตั้งโดย พี่เปิ้ล อ.พรพรรณ

TOEIC

TOEICとはビジネスの場や日常生活での会話や文章でのやりとりといった英語能力を測るための試験のことです。アメリカの教育試験サービス(Educational Testing Service (ETS)で行います。TOEICは特に就職で使うことが多いです。TOEIC試験の種類は3つのタイプで以下のどおり説明していきます。

1. TOEIC Listening and Reading test

ビジネスの場また仕事の場でのリスニングとリーディング試験です。問題数は全部200問、リスニング100問で分です。リーディングは100問で75分です。試験時間は2時間だが個人情報の記入時間30分を含めて合計2時間30分です。満点は990点でリスニングとリーディングを分けて495 点ずつです。

2. TOEIC Speaking and Writing tests

スピーキングとライティング試験で上の試験と同じようなビジネスな場や仕事の場です。スピーキングは11問で点数は200点、ライティングは8問で点数は200点です。スピーキングの試験時間は20分でライティングは60分です。

3. TOEIC Bridge test

この試験は初級から中級の英語のスキルを評価し、自分の英語がどのレベルかを確認でき、これからどのように英語の勉強を進めたらか分かります。試験問題はリスニング50問、リーディングと文法50問です。結果は合格・不合格ではなく、トータル20~180点の「スコア」として表示されます。

TOEIC Listening and Reading test の出題形式の変更

TOEIC Listening and Reading testにETSが試験の一部の形式を変更されは2018年、その後、いろんな国で更新された内容を使うようなってきます。出題形式が一部変更されました以下は変更後の情報です。

TOEIC Listening and Reading test
過去のテスト
リスニング45分
現在
リスニング45分
1. 写真描写問題10 問1. 写真描写問題6 問
2. 応答問題30 問2. 応答問題25 問
3. 会話問題
– 10 問の会話
– 3質問の会話
30 問3. 会話問題
– 13問の会話
– 3質問の会話
39 問
4. 説明文問題
– 10問の会話
– 3つの質問の会話
30 問4. 説明文問題
– 13問の会話
– 3つの質問の会話
30 問
合計100 問合計100 問
過去のテスト
リーディング75分
現在
リーディング75分
5. 短文穴埋め問題40 問5. 短文穴埋め問題30 問
6. 長文穴埋め問題12 問6. 長文穴埋め問題16 問
7. 文書理解
– 1つの文書
(1つの文書2–5質問)
28 問7. 文書理解
– 1つの文書
(1つの文書2–4質問)
29 問
– 複数の文書20 問– 複数の文書(2つの文書)
– 複数の文書(3つの文書)
10 問
15 問
合計100 問合計100 問

 

TOEICテストはどんな質問なのか。

1 .TOEIC Listening and Reading test

1.1 リスニングセクションはいろんな質問のタイプがあるので、以下に説明します。

写真描写問題 1枚の写真について4つの短い説明文が1度だけ放送されます。4つのうち、写真を最も的確に描写しているものを選び解答用紙にマークします。

応答問題 1つの質問または文章とそれに対する3つの答えがそれぞれ1度だけ放送されます。設問に対して最もふさわしい答えを選び解答用紙にマークします。

会話問題 2人または3人の人物による会話が1度だけ放送されます。会話を聞いて問題用紙に印刷された設問と解答を読み、4つの答えの中から最も適当なものを選び解答用紙にマークします。会話の中で聞いたことと、問題用紙に印刷された図などで見た情報を関連づけて解答する設問もあります。各会話には設問が3問ずつです。

説明文問題 アナウンスやナレーションのようなミニトークが1度だけ放送されます。各トークを聞いて問題用紙に印刷された設問と解答を読み、4つの答えの中から最も適当なものを選び解答用紙にマークします。各会話には設問が3問ずつです。

2.1 リーディングセクション

短文穴埋め 問題不完全な文章を完成させるために、4つの答えの中から最も適当なものを選び解答用紙にマークします。この問題は特に文法や単語の知識が必要です。

長文穴埋め問題 不完全な文章を完成させるために、4つの答え(単語や句または一文)の中から最も適当なものを選び解答用紙にマークします。各長文には設問が4問ずつあります。

文書理解 いろいろな文書が印刷されています。設問を読み、4つの答えの中から最も適当なものを選び解答用紙にマークします。文書内に新たな一文を挿入するのに最も適切な箇所を選ぶ設問もります。各文書には設問が数問ずつです。文書は報告、お知らせ、メールなどです。

2. TOEIC Speaking and Writing tests

2.1 スピーキングセクションは以下どおりです。

– 第1-2問 音読問題とはアナウンスや広告などの内容の、短い英文を音読します。各問45秒で読み、準備時間は各45秒です。

– 第3問 写真を見て内容を説明します。各問45秒で話し、準備時間は各問30秒です。

-第4-6問 応答問題とは4番と5番各15秒で話す時間があります。4番と5番はそこまで質問は難しくないです。6番の話す時間は30秒です。

-第7-9問 提示された情報に基づく応答問題とは情報を基にして質問に答えます。情報を読む時間は30秒で7-8問は各問15秒ずつで答えます。9問の答える時間は30秒です。

-第10問 解決策を提案する問題とは問題に対する対策を考えて述べることです。この問題は難しくなってきます。準備時間は30秒で話す時間は60秒です。自分の答えた内容ははっきり分かり、その問題に対するの対策ができるような言い方をするのがおすすめです。

-第11問 意見を述べる問題は質問に対して自分の意見を述べます。準備時間は15秒で話すのは60秒です。

2.2ライティングセクションは以下の質問です。

– 1-5問 写真描写問題 与えられた2つの語 (句) を使い、写真の内容に合う一文を作成します。

– 6-7 問 メール作成問題とは25~50語程度のEメールを読み、返信のメールを作成し、メールを書くと読む時間は10分です。

– 8 問 意見を記述する問題とは提示されたテーマについて、自分の意見を理由あるいは例とともに記述します。単語の数は最低300語以上です。

3. TOEIC Bridge test

この試験は非常にTOEIC Listening and Reading testに似いていますが、問題数と難易度だけが異なります。リスニングは写真描写問題15問、応答問題20問と会話問題15 問です。リーディングは短文穴埋め問題30問と文書理解20問です。

 

TOEICの当日の持ち物

当日に持ち物とは

1.規定を満たした証明書をご用意いただき、本人が確認できる証明書(ご本人の名前、サイン、写真が載っているもの)規定を満たした証明書の例とはパスポート、運転免許書、身分証明書などです。

2. 鉛筆2本

3. 消しゴム

なお、他にも試験の実施日に禁止項目などが掲載されているので、詳細は以下のサイトでご確認ください。https://www.ets.org/toeic

 

受験料

TOEICの受験料は国と試験のタイプによって異なりますが、詳細は以下のサイトでご確認ください。https://www.ets.org/epn_directory

 

申し込み方法

いろんな方法申し込みができるが、詳細は以下のサイトでご確認ください。https://www.ets.org/toeic/test-takers